食品衛生責任者とは?

食品衛生法施行条例第2条の公衆衛生上講ずべき措置の基準及び食品製造業等取締条例第6条の衛生管理運営基準により食品衛生責任者の設置として「営業者は、許可施設ごとに自ら食品衛生に関する責任者となるか、当該施設において従事者のうちから食品衛生責任者1名を定めておかなければばらないとされています。

食品衛生責任者の役割

食品衛生責任者は、営業者の指示に従い食品衛生上の管理運営にあたるものとなっています。
@食品衛生上の危害の発生を防止するための措置が必要な場合は、営業者に対して改善を進言し、その促進を図らなければばらない。
A法令の改廃に等に留意し、違反行為のないように努めなければならない。
B食品衛生に係わる講習会を定期的に受講し、常に食品衛生に関する新しい知見の習得に努めなくてはならない。
C製造、加工、調理、販売等が衛生的に行われるよう、従事者に対し、食品衛生上必要な事項に関する衛生教育を実施しなくてはならない。
D従事者への衛生教育を必要に応じて実施しなくてはならない。

食品衛生責任者資格とは

食品衛生責任者になるためには、次の資格を有する必要があります。
@栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、と畜場法に規定する衛生管理責任者若しくは作業衛生責任者、船舶料理士、食品衛生管理者(注1)の有資格者。
A保健所長(特別区にあっては、特別区の区長)が実施する食品衛生責任者になるための講習会または知事の指定した講習会の受講修了者。
(注1)医師・獣医師・歯科医師・薬剤師または、学校教育法に基づく大学で、医学・歯学・薬学・獣医学・畜産学・水産学・農芸化学の課程を修めて卒業した者等。
上記、(1)(2)の資格をお持ちの方は食品衛生責任者になれます。それ以外の方は、養成講習会を受講して、資格を取得しなければなりません。当協会では東京都知事の指定を受けて、養成講習会を実施しております。受講される方は、次の「受講要領」をお読みのうえ申し込み下さい。
なお、平成9年4月1日より全国標準化に伴い東京都以外の都道府県で受講されても、講習時間・内容・資格は同一です。

一般社団法人東京都食品衛生協会講習事業部は、食品衛生責任者養成講習会と調理師試験準備講習会を実施しています。

TOPICS新着情報

2014年4月1日
食品衛生責任者手帳・衛生講習会受講記録欄満了の方へ(受講記録欄がすべて受講印で埋っている方)
2014年4月1日
食品衛生責任者プレート販売のご案内。申し込み書PDFが新しくなりました。どうぞご利用ください。
2014年4月1日
当協会では調理師試験に向けて講習会・模擬試験の開催。教材の販売を行っております。ご希望の方はパンフレットをご送付いたしますので講習事業課(03−3405−0770)までお問い合わせください。
2014年4月1日
食品衛生責任者養成講習会のページが新しくなりました。
2014年4月1日
平成26年度、調理師試験受験準備講習会・模擬テストの日程と教材販売のご案内をはじめました。

お問合せ窓口:講習事業課

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-6-1 2F

TEL 03-3405-0770
(平日9:15から17:00まで)
FAX 03-3404-6159